歯の矯正が当たり前の時代になるだろう

自分の歯にものすごいコンプレックスを抱いています。なぜなら、大阪で歯周病治療をおすすめの歯並びがめちゃくちゃ悪いからです。なんというか、こう、ガチャガチャとしていて、とっ散らかっているんですよね。なもんで、人前で歯を出して笑う事にとてつもない抵抗感を感じています。

 

ああ、どうして私の親は歯の矯正をしてくれなかったんだろう・・。なんて、今更どうしようもないことであれこれと悩んでいるような毎日です。ところで、人は皆、それぞれに違った美意識を持っていますよね。細身の体型が好きな人もいれば、ぽっちゃりの体型が好きな人もいる。短髪の髪型が好きな人もいれば、長髪の髪型が好きな人もいる。

 

二重の目が好きな人がいれば、一重の目が好きな人もいる。色白の肌が好きな人もいれば、こんがりと焼けた肌が好きな人もいる・・。とまあ、いろんな美意識があるのですが、こと歯並びに関していえば、絶対に揃っている方がキレイだと思うんですよね。

 

何十年か前の日本では、八重歯が可愛いと言われていた時代があるようですが、そういう価値観は今ではむしろ少数派に属します。今後は歯の美容矯正が当たり前の時代に突入すると思われ、そんな時代において、自分の歯並びが悪い事に果たして私は絶えれるのでしょうか・・。

義歯は保険適応外にしようか迷う

大阪で歯周病治療の選択肢の多い歯科医院は保険適応内の素材でつくってもらったブリッジが歯にくっついているのですが、はっきり言って保険適応外のブリッジの方がいいです。だって、保険適応内の素材でつくってもらったブリッジはすぐに汚れがついてしまうのですから。

 

大阪で人気の歯医者で保険適応内のブリッジの掃除をしてもらったのは、つい先月の話ですよ。しかしまだ一ヶ月も経過していないというのに、もう義歯がなんとなーく汚れてきているのですよね。遠くから見たらブリッジの汚れなんてわからない程度ではあるのですが、しかし毎回歯磨きの際に見ているミラーでは、ちゃーんとわかるぐらいにブリッジが汚れていますからね。

 

しかし義歯の汚れをとるためには、歯科医院でやってもらう必要があります。けれども会社勤めをしていますので、そうそう気軽に気楽に歯医者なんて行けないですよ。しかし歯科医院でキレイにしてもらわなければ、当然汚れはそのまんまになるわけですからね。そこで葛藤します。でも、保険適応外の素材でしたら汚れも落ちやすいわけで。そこが迷うポイントですよね。