子どもも歯のクリーニングができました

大阪で歯周病治療を受けるなら治療の選択肢が9歳の子供が定期的に歯科に通いフッ素塗布をしてもらっています。
虫歯はないので普段はフッ素塗布だけなのですが、先日「大人の歯も多くなってきたことだし前歯のクリーニングをしよう」ということになり、突然機械でのクリーニングが始まりました。
子どもは嫌がる暇もなく、あっという間に前歯のクリーニングが終わりました。
すると終了後なんだかやけに子どもの歯が白くピカピカ輝いているのです。
子どもなので歯の汚れが気になったこともなかったのですが、実は汚れていたんだと驚きました。
歯医者さんに聞いてみると、3ヶ月に1度のフッ素塗布のときに保険でクリーニングもできるということなので、今後はお願いしようと思っています。
小さなうちから歯科でクリーニングを受けるという経験を当たり前のようにしておくと、本人のためにも良いと思います。
私自身歯では苦労をしているので、子どもにはクリーニングを定期的にして大人になっても健康な歯を保ってほしいと願っています。

総合歯科診療所を勧めたいと思う理由

大阪の歯周病治療が実績豊富な歯科医院は、なんでもできるような歯科医院がいいと思うんです。「なんでもできる歯科医院」とは、審美歯科から虫歯治療、歯の根っこの治療に至るまで、なんでもできるということです。まあ、そのような総合歯医者は、自分が住んでいる江坂にしても1つか2つぐらいなものなのですけれど。

 

しかし「かかりつけの歯科医院」はどうせならば、そういった「なんでもできる歯科医院」の方がいいと思うのですよね。なぜなら、ブリッジやインプラントなどの義歯を作ってもらうにしても、もちろん治療ができる歯科医院でないと不安があるじゃないですか。

 

また、総合歯科診療所ともなれば、手術も対応できるでしょうから、いざ手術が必要な歯科治療になった際に、別の歯科医院に移されなくて助かるのです。主治医の先生がすべてわかってくれていて、そして対応してくれることで話が早いですし、安心感も大きいですから。もちろん、「義歯の仕上がりが上手」だという点もクリアーしていることがとても望ましいと思いますが。

顎関節症で通院をはじめた歯科医院

私は長い期間頭痛に悩まされていました。内科、外科に通っても良くならず、大阪で歯周病治療するなら唾液検査で選ぶ耳鼻科に行った時に口腔外科に行くように勧められました。
レントゲンを撮ると顎関節症と診断されて、歯科への通院が始まりました。
マウスピースを作るだけかと思いきや、虫歯や差し歯の変形、歯周病が見つかり一年くらい通院していたと思います。

 

最後の虫歯治療をして帰宅すると、顔が腫れてきて、痛み止めを飲んでも一向に痛みが引かず苦しんでいました。翌日まで様子を見るように言われていたので、翌朝に自分の顔を見てビックリ。
頬が腫れ上げっていたんです。しかし、その日は歯科の休診日。

 

仕事を休んで横になっていましたが、痛みはどんどん酷くなってきて熱まで出てしまいました。
出血も止まらなかったので、地元で評判の良い歯科に行ってみると「虫歯じゃない歯を治療されたんだね」と言われ絶対安静一週間を言い渡されたんです。

 

腫れが引いて、出血が止まってから改めて治療してもらいました。
歯の治療で一週間も絶対安静と言われたのは初めての経験だったので驚きました。