歯の矯正こそ歯科医院選びがとても大事!

歯の矯正にしても、どこの歯科医院でも同じような仕上がりにはなりませんよ。虫歯治療にしても、審美歯科にしましても、そうですからね。下手な歯科医院に頼みますと、「お金と時間返して!」と言いたくなるほどに、歯の矯正にしても徒労に終わることもあるわけです。

ですからこそ、歯科医院選びは口コミを参考に、しっかりと選ぶに越したことはないのです。ネットの口コミではないですよ。リアル知人からの口コミ評価を参考に、しっかりと歯の矯正をお願いする歯科医院を選びましょう。

歯科矯正は時間もお金のかかるものですから。また、ワイヤーの締め付けにしても、下手な歯科医院が行えば、歯茎が傷つくしずっとうずいてしまうこともあるわけです。歯医者の腕ひとつで仕上がりも違えば、矯正中のストレスも違うのです。

ですから歯の矯正を行おうと思うのならば、歯科医院は「どこでもいいやー」ではなく、しっかりと選ぶに越したことはないのです。途中で歯科医院を変える勇気も大事ですよ。

子どもも歯のクリーニングができました

9歳の子供が定期的に歯科に通いフッ素塗布をしてもらっています。
虫歯はないので普段はフッ素塗布だけなのですが、先日「大人の歯も多くなってきたことだし前歯のクリーニングをしよう」ということになり、突然機械でのクリーニングが始まりました。
子どもは嫌がる暇もなく、あっという間に前歯のクリーニングが終わりました。
すると終了後なんだかやけに子どもの歯が白くピカピカ輝いているのです。
子どもなので歯の汚れが気になったこともなかったのですが、実は汚れていたんだと驚きました。
歯医者さんに聞いてみると、3ヶ月に1度のフッ素塗布のときに保険でクリーニングもできるということなので、今後はお願いしようと思っています。
小さなうちから歯科でクリーニングを受けるという経験を当たり前のようにしておくと、本人のためにも良いと思います。
私自身歯では苦労をしているので、子どもにはクリーニングを定期的にして大人になっても健康な歯を保ってほしいと願っています。

総合歯科診療所を勧めたいと思う理由

歯科医院こそ、なんでもできるような歯科医院がいいと思うんです。「なんでもできる歯科医院」とは、審美歯科から虫歯治療、歯の根っこの治療に至るまで、なんでもできるということです。まあ、そのような総合歯医者は、自分が住んでいる江坂にしても1つか2つぐらいなものなのですけれど。

 

しかし「かかりつけの歯科医院」はどうせならば、そういった「なんでもできる歯科医院」の方がいいと思うのですよね。なぜなら、ブリッジやインプラントなどの義歯を作ってもらうにしても、もちろん治療ができる歯科医院でないと不安があるじゃないですか。

 

また、総合歯科診療所ともなれば、手術も対応できるでしょうから、いざ手術が必要な歯科治療になった際に、別の歯科医院に移されなくて助かるのです。主治医の先生がすべてわかってくれていて、そして対応してくれることで話が早いですし、安心感も大きいですから。もちろん、「義歯の仕上がりが上手」だという点もクリアーしていることがとても望ましいと思いますが。

顎関節症で通院をはじめた歯科医院

私は長い期間頭痛に悩まされていました。内科、外科に通っても良くならず、耳鼻科に行った時に口腔外科に行くように勧められました。
レントゲンを撮ると顎関節症と診断されて、歯科への通院が始まりました。
マウスピースを作るだけかと思いきや、虫歯や差し歯の変形、歯周病が見つかり一年くらい通院していたと思います。

 

最後の虫歯治療をして帰宅すると、顔が腫れてきて、痛み止めを飲んでも一向に痛みが引かず苦しんでいました。翌日まで様子を見るように言われていたので、翌朝に自分の顔を見てビックリ。
頬が腫れ上げっていたんです。しかし、その日は歯科の休診日。

 

仕事を休んで横になっていましたが、痛みはどんどん酷くなってきて熱まで出てしまいました。
出血も止まらなかったので、地元で評判の良い歯科に行ってみると「虫歯じゃない歯を治療されたんだね」と言われ絶対安静一週間を言い渡されたんです。

 

腫れが引いて、出血が止まってから改めて治療してもらいました。
歯の治療で一週間も絶対安静と言われたのは初めての経験だったので驚きました。

悲しいかな、部分入れ歯になりました

私は昔から虫歯になりやすく、奥歯に関しては殆どが被せものとブリッジというありさまでした。それなのに定期的に江坂の歯医者で歯科検診を受ける事はありませんでした。そして、ある日そのツケがまわってきました。なんとブリッジの中が虫歯になってしまい、食事中にブリッジがとれてしまったのです。

 

そのとれたブリッジをもち、勤務先の近くの歯科医に行くともうブリッジは出来ない状態だと言われました。選択肢はインプラントが部分入れ歯。40代後半の中年まっただ中ではありますが、さすがに部分入れ歯には抵抗がありました。

 

ですが、インプラントは高額なので手が出ません。仕方なく部分入れ歯を選択しました。家族には黙っておくことは不可能なので部分入れ歯にすると告白しましたが、友人たちには言えずにいます。また、何年も歯医者に行っていなかったこともあり、虫歯の治療だけでなく、被せものの交換など治療しなくてはならない部分が多々ありました。

 

結果、1年近く通院し、かかった費用も軽く10万円を超えてしまいました。時間もお金も掛かり、身体の他の部分と同じように、歯の定期健診の大事さを思い知った一年でした。

どこの歯医者にかかるかということはとても重要

72歳の母の歯科治療の話です。
一番奥の歯にずーんとした鈍痛があり、なんとなくその辺りが嫌な味と言うかにおいがするような気がしていたようです。しかし歯科では特に問題はない、年齢による歯周病のためでしょうということで通っても通っても良くなることはなく、1年くらい同じようにいろいろな歯医者のハシゴを続けていました。

 

しかしずーんとした鈍痛の頻度が多くなってきたので、紹介状はなかったのですがしばらく待って大きな大学病院の歯科に行ってみました。すると幸い教授が診てくれて、すぐに3本ある根のうち1本が中で折れていて壊死していることがわかったそうです。それで抜歯するしかないかと思うと、なんと歯を1/3くらい切除し、悪い根だけを取り去るという手術をしてもらうことになりました。

 

手術は1時間くらいで終了し被せ物をすることで、その後鈍痛や嫌なにおいは全くなくなったそうです。
1年以上悩んだ歯の症状がいとも簡単に治療でき驚いたと言っています。
やはりどこの歯医者にかかるかということはとても重要だと改めて感じました。

義歯は保険適応外にしようか迷う

今、保険適応内の素材でつくってもらったブリッジが歯にくっついているのですが、はっきり言って保険適応外のブリッジの方がいいです。だって、保険適応内の素材でつくってもらったブリッジはすぐに汚れがついてしまうのですから。

 

大阪で人気の歯医者で保険適応内のブリッジの掃除をしてもらったのは、つい先月の話ですよ。しかしまだ一ヶ月も経過していないというのに、もう義歯がなんとなーく汚れてきているのですよね。遠くから見たらブリッジの汚れなんてわからない程度ではあるのですが、しかし毎回歯磨きの際に見ているミラーでは、ちゃーんとわかるぐらいにブリッジが汚れていますからね。

 

しかし義歯の汚れをとるためには、歯科医院でやってもらう必要があります。けれども会社勤めをしていますので、そうそう気軽に気楽に歯医者なんて行けないですよ。しかし歯科医院でキレイにしてもらわなければ、当然汚れはそのまんまになるわけですからね。そこで葛藤します。でも、保険適応外の素材でしたら汚れも落ちやすいわけで。そこが迷うポイントですよね。

50年振りに歯医者に行って見ました。

子供の頃行ったきりで歯医者さんとは縁がなかったのですが、親知らずがぐらぐらしていてご飯が食べずらかったので近所の人に豊中で評判の歯医者さんがないか聞いて行って見ました。まず初めに余り綺麗ではなく古い感じの歯医者さんで、看護師さんもおばさんがいました。

 

昔のイメージだととても痛い思いが在りびくびくしていました。初診ですぐ呼ばれて中に入ったのですが、やはり何とも言えない感じで、親知らずの話をしてからレントゲンを撮りました。戻ってくると抜いてしまいましょうと言われました。

 

麻酔をするので痛くないですよ、と言われましたが、歯に麻酔、とちょっとびっくりしたのです、しかし、もう帰る訳にもいかず注射で歯茎に麻酔をして暫くするとペンチのような器具が出てきてぐいぐいと取り始めました。痛くはなかったのですが何とも言えない感じでした。

 

抜き終わると歯茎をレーザーの様な物でジュージューと焼いて塞いでいる様でした。割と今の歯医者さんは痛くないんだなと感心してその日は終わりました。

何かおかしいと感じたら、すぐに歯医者へ

歯磨きの時に血が混じっていることがありました。強く磨きすぎて傷ついたのかなくらいにしか思ってなく、そのまま2.3ヶ月放置していました。次第に口が異常に乾いたり、口の中がすっきりしない日があったりと段々と変な症状が出始めました。

 

それからしてすぐに階段を降りる時などの段差で奥歯に響き痛みが出るようになりました。

 

痛みが出て初めて母が黄ばみを取るため通っていた審美歯科に行きました。まず歯の症状について説明し診てもらいました。診てもらうなり何が原因かすぐに解決してもらいました。

 

虫歯だと思っていたけど虫歯ではなく、歯周病になりかけているとのことでした。歯ブラシの届かない部分などに歯石が溜まり、炎症を起こしたことから出血をしたそうです。二回ほど受診し、歯の歯石取りのみで治療は終わりました。歯の痛みなども治りました。

 

自分で毎日歯磨きをしていても歯のお掃除は大切なことだと知りました。それ以来半年に一回ほどお掃除をしてもらいに歯医者に行っています。何らかの症状が出てきたら悪化する前に歯医者に行ってください。後々かかる時間や、治療費など考えたらすぐ行く方が楽に済みますよ。

幼少期に体験した抜歯

私は、小学生の頃よく江坂で評判の良かった歯医者に通わされていました。だいたい歯医者というと虫歯の治療が多いと思うのですが、私の場合は乳歯の抜歯でした。大抵の人は乳歯は勝手に抜けるものですが、私は乳歯が勝手に抜けたことが無く、歯ぐきから永久歯がはみ出てきそうになると毎回歯医者さんに抜いてもらっていました。

 

しかも、私の口は普通の人より狭く、特殊な形をしていました。いつも、抜歯にはものすごい時間がかかっていました。私の家では歯磨きは徹底されていて、毎朝毎晩必ずしっかり歯磨きをさせられていました。

 

そのおかげで私は一度も虫歯になったことがありませんでした。その為、虫歯になった歯を抜くわけではなく、元気な歯を抜く作業だったので、麻酔を打っても毎回痛みが伴いました。

 

治療には毎回高額な治療費が請求されたので、親は困っていました。何回目かに歯医者に行ったとき、私の口の中があまりにも特殊だったので、歯医者さんから標本用に口の中の撮影をお願いされて嫌な思いをした記憶があります。