どこの歯医者にかかるかということはとても重要

72歳の母の歯科治療の話です。
一番奥の歯にずーんとした鈍痛があり、なんとなくその辺りが嫌な味と言うかにおいがするような気がしていたようです。しかし歯科では特に問題はない、年齢による歯周病のためでしょうということで通っても通っても良くなることはなく、1年くらい同じようにいろいろな歯医者のハシゴを続けていました。

 

しかしずーんとした鈍痛の頻度が多くなってきたので、紹介状はなかったのですがしばらく待って大きな大学病院の歯科に行ってみました。すると幸い教授が診てくれて、すぐに3本ある根のうち1本が中で折れていて壊死していることがわかったそうです。それで抜歯するしかないかと思うと、なんと歯を1/3くらい切除し、悪い根だけを取り去るという手術をしてもらうことになりました。

 

手術は1時間くらいで終了し被せ物をすることで、その後鈍痛や嫌なにおいは全くなくなったそうです。
1年以上悩んだ歯の症状がいとも簡単に治療でき驚いたと言っています。
やはりどこの歯医者にかかるかということはとても重要だと改めて感じました。